複数の機能を併せ持ったハイブリットカード

最近のクレジットカードのトレンドは複数の機能を併せ持ったハイブリットカードです。つまり、一枚で複数のクレジットカード機能やポイントカードシステムを併せ持つ仕様になっているのです。しかもただ一枚に統合しただけでなくカード内で色々なサービスを受ける事も出来るのです。



つまり、ハイブリットカードであれば一枚提示する事でショップ独自の、あるいは提携しているポイントサービスやマイルサービスとクレジットカードが運営しているポイントサービスの両方を受け取る事が可能になるです。

もちろんクレジットカードとポイントカードを別々に提示しても同様のサービスを受ける事が出来ますが、信販系のクレジットカードの場合ポイントを他のポイントサービスと統合する事が出来るケースもあるのでハイブリットカードを利用する価値はあると思いますし、使い方によっては現金よりもお得になります。


統合した方がスッキリ

例えばT-ポイントカードの場合、全国のツタヤ以外でもすかいらーくグループのファミレスやマルエツなどのスーパー、キタムラなどのカメラショップなどでも利用出来ます。そして、その各ショップでは独自のポイント付与サービスも行っています。

その中でも一部のマルエツでは日曜日にT-カードを提示するとポイントが5倍になるサービスを提供していますので、日曜日にT-カードとVISAのハイブリットカードを提示すればT-カードの方には5倍のポイントカードが付き、VISAには通常のVISAポイントが付与される事に成ります。

一枚のカードで両方のポイントサービスが利用出来るのでこれは便利ですね。またイオンカードではNEXCO西日本と提携してETCカード機能も付与したハイブリットカードを提供しています。これでイオンカードで買い物をしたポイントをETCに振り分けて利用したり、これ一枚でETCゲートを通過出来る機能などが使えるようになります。

ポイントカードはいつの間にか増えてしまうものですから統合出来るものは統合した方がスッキリとしますし、サービスの質も向上するのです。



初めてでも安心!!アコムマスターカードでキャッシングデビュー